スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ElDorado 復活ワンマンツアー 自由への疾走 @高田馬場AREA

2008.7.9
ElDorado
復活ワンマンツアー 自由への疾走
高田馬場AREA
エリア行くのいつぶりだろう・・・??
すごくすごく久しぶりな気がした。なんかお菓子が売ってた。
あと幕が白くて、変わったのかと思ったんだけれど、普段は黒いらしい。
白系だから??

幕引いたまま(たぶん)浮かれたお肉様がMCして、そのままバーンと登場するのかとおもったらしばらく待たされて順々に登場。
メイプル髪の色暗くなってメイプル感が前回見たときより薄い・・・。
今回はフルメンバーの復活となるわけだけれど、しょうきさん全然変わってなかった。

衣装は
楓 シャツに黒ネクタイ黒パンツ
TOMO 黒スーツ
憂 黒スーツ
瞬介 白シャツに黒ベスト、黒パンツ、中折れハット
SHOKI Tシャツに黒っぽいパンツ
でもお肉様の帽子は早々にどこか行った気がする。

DAYDREAM始まりでぶわっと開ける感じ!
メイプルが高田馬場エリアーッ!って煽った瞬間鳥肌立った。
そして相変わらず最前の統率のとれた動き!
天使の落日で憂くんピョンピョン跳ねながら弾いてるのがシュールでシュールで。
黙示録の煽りではほんのりメイプルの煽りに年を感じ・・・。
ちょこっと煽りMCを挟んで「天国への パスポートを あげようか!」
ああ、お決まりの煽り文句の安心感・・・!
マキャベリズムでは久しぶりにあの芋掘りみたいなフリ見て大盛り上がり!
あのPVのメイプル本当に素敵だよね、ああ、ああ、あ。

HEAVENが終わって一回MC
「どうすか?待ちに待ってたエルドラードだ!」
「待ってた?おし!じゃあ今夜は思いっきりやるぞ!・・・思いっきり喋るらしいからさ」

と憂くんにふる
「久しぶり!元気?まあ元気そうだ、元気そうだ。」
って、なんだかおじいちゃんみたいな喋り方。
「このメンバーで復活するのは丁度2年ぶりくらいすか?AREAっていうのは色々と思い入れもあるところなんで、めっちゃ幸せです」
で、憂くん振るところを迷ってたらメイプルに「あそこ(お肉様)に投げれば良いんだよ」と言われ、場内わき上がる瞬介コール。
「3月ぶりなんだけど・・・なんか今日もド平日なのにこんなにあつまってくれてすげー嬉しいね」
「ド平日の"ド"って何!?平日平日ド平日ってこと?!」
「ドやん!ド真ん中やん!・・・まあ、ド平日とか関係なく突っ走って行こうと思うからよろしく!」
「なんだかんだいって解散してからこうやって復活ができると言うことはすげー幸せなことだなと思います。ありがとうございます。」
「よく来たなって思うよね」
「逆にね?逆に良く来たなってね?」
「宣伝とかもロクにしないでよく嗅ぎ付けてきてくれたよね」
「犬じゃないんだからさ!」
「犬みたいだな。」
「エルドラード臭っていうのはあるかもしれないけど」
「くさいよなぁ、するよなぁ」
としばし漫談のようになるも
「まあこうやって巡って今日僕たちはここにいるんですけどまさに今この状態にふさわしい曲を贈りたいと思います」
とメイプルが綺麗にまとめてRound Tripに。
なんか同機がぴよんぴよんっていってて新しくなった?と思った。
続けて屈指の名曲MISERYがはじまると、もうもうヘドバンに拳に大盛り上がり!
お肉様も前に出て来て煽る煽る!
メイプルも足をびょーんって広げて大暴れ!
腐海を経ての自由への疾走でもう盛り上がりは最高潮!
お肉様とメイプルが向かい合ってめっちゃ絡んでて、それを見て憂くんも絡んで3人で真ん中でちんまりしゃがんでるのにTOMOくんは端からエッ・・・て感じで弾いてるの可愛かった。
その後TOMOくんもお肉様と向かい合ってニッコニコ。
どうしてもエルドって言うと砂のイメージ強いけれど、自由への疾走もコール曲だし名曲だよね。
で、「欲望の街へようこそ!」でカジノスターに入ってからはウォータームーン、EGOISTと畳み掛けるようにラストに。
EGOISTは最前組が柵にまたがって頭振ってて本当に激しかった!
お肉様もちょっと後ろに下がったかと思ったらシャツを脱いで水吹きとハッスルしていた!

アンコールではなぜかお肉様がちびっこを一度抱いてきてスタッフの息子だと紹介。
「エルドラードのスタッフもとうとう子供できちゃうって言う、ね。それだけ俺たち年とったってことだよね・・・」
「いや、俺らだけじゃないからね」
「大丈夫!オバンギャとか言われてる人が居ても大丈夫!俺らもオジメンだから!」
「オジメン?!」
「オジメンとオバンギャで盛り上がればええねん」
「俺も昔は王子様って呼ばれてたけどね・・・今はオジサマって・・・どうもオジサマです!」
「バーカオジサマの時代だこのやろー!男は30からって言うじゃん。とりあえずオジメンに誇り持とうぜ結城さん」
「めちゃめちゃ誇り持ってるよ!ぷよぷよだよ!」とお腹を自分でもみもみするメイプル・・・うわあああん

そこでようやくSHOKIが話題を振られて、なぜか一言「すみません・・・」
「なんで謝るの?!」
「いやーもう・・・体力がね・・・すーごいよね・・・月に1回フットサルしてるくらいだからね・・・久々にこんな汗かいたよ」
みんなのおかえりー!に対して、SHOKIが「またバンドやっちゃおうかな・・・」と呟くとお肉様と憂くんが聞いた聞いた?!ってはしゃいでてかわいかった。

そんな中袖で休憩モードなTOMOくんに憂くんが一言
「なんでTOMOさん完全に端から見てるの?」
「TOMOも昔は女の子みたいでめっちゃゴマキに似てるとか言われてたのになぁ?今ゴマフアザラシみたい。」
「本当だよねえ・・・もういいや・・・へこんできた」
「嘘や嘘や嘘やって、今でもかっこいいって!」
そしてしばらく「テトラって言ってたやん」とかいじられまくるTOMOくん。

またお肉様と憂くんの漫談モードになったりグダグダな感じ。
「僕らこう見えて結構結束力があって、ファンクラブ旅行とかあったんだけど・・・もう時効の話する?もうお互い大人になったからね。」
「何が出るか俺ドキドキしてんだけど!」
「ファンクラブ旅行でファンの人とかと挨拶とか行くんだけどその時まではみんなめちゃくちゃ作ってて・・・」
「あー作ってたなかゆいかゆいかゆい!」
「でもその後とかはくだけてたなーとか思って・・・」
「ファンクラブ旅行でそんだけ作っといてファンの子にナイショで朝ゴルフやったよね!ダッサイポロシャツ着てなぁ!」
「ゴルフは紳士のスポーツだからね!ポロシャツと変な短パンはいてね!」
「はいたぁー!強制的にな」
「そんなのまだ序の口だろ、言えないこといっぱいあるんじゃないの?・・・ファンクラブ旅行が終わった後にみんなで・・・僕ら本当はネクラな5人で・・・部屋で5人で・・・」
まで言ったところでTOMOくんが手をダメーーーって振りながら登場してそれは言っちゃダメー!憂くんも一緒になってダメダメー!
「わかった。じゃあそれは言わないわ・・・一応イメージがあるから。」
って、煽るだけ煽っておいてお肉様ヒドイ!今更イメージって。
そんなこと言ってる背後でピンと来てなかったメイプルがTOMOくんに耳打ちされてたんだけど、聞いた瞬間それはだめだろーーー!!って言ってて非常にかわいかった。

「結城とか王子様みたいなキャラじゃん・・・本当は違うからね?」
「ゲロ吐いてた。吐きまくってた。醤油一気とかして醤油吐きましたよ。吐いて育ってきましたよ。」
「そんなの良いよ俺らの機材車なんてライブ終わったらもう」
「俺のゲロまみれですよ、機材車が」
「そうやって鍛えられたんだよ昔は。オジメン的に言わせてもらうけどさ。」

で、あまり喋ってないTOMOに振ると、
「あのさあ、みんなTシャツ似合ってるけどさあ、俺全然似合ってないなあと思って。」
と言った後で先ほどのゴマフアザラシ発言を根に持ってる様子・・・。
「大丈夫だって三十パワーで行こうぜ・・・まだ三十路じゃないけどもう三十みたいなもんじゃん。でも・・・三十のエルドもええわな。あそこの入り口のブッサイクなエルドラードのポスター・・・」
「まあ若気の至りって感じで良いと思うよ!」
「でも(憂くんは)全然変わってないよね」
「じゃあ23って言っちゃおうかな!これからは!人前では!」

「そろそろやろっか。もう疲れて来たでしょ。そこでセットリストの確認しない!
アンコールグダグダやるけど曲はバッチリやるんで思いっきり楽しんで行ってくれよ!」

とメイプルが仕切ってようやくチェインギャングに。
グダグダMCしていたのが嘘かのようにみんな「バンドマン」になったよー!
グラハニのCDが発売日だとかでその宣伝をちょこっと挟んでキタキタキタキタノスタルジアーッ!
お肉様がやる気なくハモってたけど昔からそうだったっけ??
そしてもう一曲懐かしい曲!って言ってなんと、弟切葬・・・!
またまたヘドバンの嵐。

で、一回ハケてまた出て来たんだけれど、またまたグダグダMCタイム。
メイプルは座り込んじゃうし、TOMOくんはずーっと写真撮ってるし、みんなフリーダム。
「ロサンゼルスで捕まったしな」
「捕まったんじゃない!」
「俺ら昔ロサンゼルスにPV撮りに行ったんですよ。行ったんだけど、なんかこの人(メイプル)格好付けてエナメルのコートみたいなの着てて」
「そうそう衣装みたいなの!」
「別にTシャツにジーパンで良いじゃん?西海岸だしさ、暖かくて、アメリカ人なんてみんなラフな格好なんだからさ。それをなんか変に格好つけてさエナメルのなんか着てたから麻薬の患者と間違えられて捕まって」
「テロが終わったばっかりのころでピリピリしてたんだよね」
「そう、厳戒態勢の時に税関でみんなで おっしゃロスついたぜ西海岸ヒューッ!って思ったら、あれなんか1人いなくね?あれ結城いなくね?とか言って。螺旋シアターって曲を丁度作ってた時期で、その曲が麻薬中毒患者の歌だったのね。エルドラードってそういうダークなことばっか追求してたから・・・。
で、麻薬患者の詩を結城が丁度バッグの中に入れてて麻薬患者に間違えられたからめっちゃいかつい警察に捕まったんだよね?」

「黒人と白人の大柄な砂の棒持った奴に連れてかれた。個室にね。でまあ全部脱げと言われてそこの壁に手をついて膝を曲げろと。俺曲げなかったから警棒でバーンって叩かれて、爪の間とかアナルの中とか全部見られて・・・マジマジマジ」
「外国ってそのくらい厳しいんだよ?本当に」
「何が悲しくてアナルの中にそんな物隠さなきゃいけねぇんだって話ですよ」
「もう王子もクソもないな!」
「結局西海岸行っておれと憂と瞬介は最後の一日まで何もやらなかったよね。ずっとメシ喰ってた。」

「フランス行ったときの話する?丁度さっきやった天使の落日とかDAY DREAMとか・・・あれはフランスで4泊6日だったんだよ。で、1日3時間睡眠だったの。1曲目くらいはみんな元気なんだけど、天使の落日が一日目なのね。で、二日目がRound trip、三日目がマキャベリズムとか撮って四日目一番最後のDAYDREAMの時はもうみんな死体みたいな顔してたよね。ゲッソーっって。」
「俺DAYDREAMの中で座ってギター弾いてるところあるけどあれコケただけだからね?」
「DAYDREAMで太陽があってシルエットだけで俺タコみたいに踊ってるんだけど、なんでかって言うと公園の手すりみたいなところに立ってやってくれって言われて、その向こうが崖なんだよ。でこっち側から太陽をバックに撮ってるんだけど・・・スッピンで。朝5時だからさ。めっちゃ落ちそうになって、おぉいって(ああいう動きになった)」
「あとな、MOMENTにPVがあったんだよ本当は。あれなんで世の中に出なかったんだろう。」

と言っているところでるりくん登場!
社長もちらっと顔を見せるも、空調が止まるから早く終われとのこと。
「そこのポスターのるりくんブッサイクやろ!まあ俺も人のことは言えないけどさ。でもっとブッサイクなやつおんねんここに!(と憂を指して)こんな顔してんねん!後で見て!」
そんな振りをしておきながら「今日は弾かないの?演奏しないの?」
でもるりくん覚えてない・・・って。前回弾いてたのにー!
「今るりくんキャンゼルってバンドでがんばっているんで応援してあげてください。」
とキャンゼルの宣伝をしていっただけだった。

「空調が止まっちゃうんで」
と言って新世界に。

全員一言ずつってことで
「自分の中で一番好きな曲が新世界なんですけど、久々に叩いてやっぱり良い曲だなと思って・・・この4年間色々なことがあったけど意外ときついなーとかつらいなーとか思った時に自分たちの曲に助けられてきたので・・・(瞬介が)良い曲作るなーって。またこうやって瞬介とかTOMOとか結城とか憂とかと一緒にステージに立てて本当に・・・」
と言ったところで喋り屋のお肉様が割り込む!
「さっきの新世界の詩で"再び僕らは出会えると信じて約束のこの地で待っててくれ"って内容があるんですよ。まさに今日だなと。・・・それだけです。」
「いやいや本当久々にみんなにあったけど変わってないなと思って。みんなちょっとふっくら・・・したくらいで・・・自分も含めて。年取ったけどあの頃と変わってないな・・・自分が一番変わった、かな・・・」
「そんなことないよ。俺たち基本的に何も変わってない。」
「そうだね。またこういう機会があったら良いなと思います。ありがとうございました。」

次はTOMOくん
「あんま喋ってないですけど・・・ありがとうございます。俺入ってからAREAって一回しかないんだよね。AREAワンマンはエルドラードでは初めて。」
とここでお肉様平然と絡んでくるーーー!
「懐かしいね、その時対バンしてたもんね?」
「あーそうだねえ、ルディアの時でしょ?だからワンマンはルディアの解散以来。」
「どうすかでもルディアの解散ワンマンの頃の感じなの?」
「え、何?何が聞きたいの?」
「景色だよ景色!」
「あー・・・いやまた違った・・・」
「YOUに今映ってる景色だよ!YOUに映ってるピクチャーは今どうなの。」
「まあまあ・・・いいや、まあ、色々と・・・瞬介めんどくせえや。」
流石自由人TOMOくんだよ!
「お前!瞬介=めんどくさいに決まっとるやんけ!」
「ハハハハハなんだよおい」
「めんどくさくなかったら俺じゃないんじゃボケぇ!」
「なんかピンクのユニフォーム良いね。」
と今度は最前に絡みだす自由人っぷり。
「まあいいや・・・俺もう喋るのやめるわ。」
とグダッグダ。

次は憂くん。
「本当にあの頃のままな気がします。瞬介はよくわからんし、TOMOは自分勝手で色々な話勝手に進めて行くし、SHOKIは一番大人、結城さんは相変わらず背高いし・・・そらそうか」
「それだけかぁ?!なんかちがう特徴言って・・・」
「まあ・・・結城さんはね、変わってない・・・なんでしょう、雰囲気とか?ノリとか?ジョイマンみたいなノリとか。今でも笑いが好きなんだなっていうさ。」
「俺ジョイマンになってるよ・・・」
「本当にでもこのバンド自由すぎるなって改めて思いました。今自分が別のバンドをやってますけど、色々見て来てエルドラードのメンバーって自由すぎたんだなって。今日改めて思うもん楽屋とか!俺が普通にTOMOと話してたらTOMOいきなり別の話したりとかそこに瞬介入って来たりとか・・・」
「ちゃうねん俺ら多分時代が早かったん」
「時代が早かった?なに?それは会話的にってこと?音楽的にも早かった?まあまあメンバー全員変わっていないなって言うのが凄く嬉しかった。来てくれてるみんなもあの当時のままな感じがします。年齢はとるものですけどみんな良い年のとりかたしてると思います。本当にありがとうございます。」

次は今まで散々面倒くさい絡みをしてきたお肉様。
「すみません照明さん、客電付けてください。はい、お客さん見えるようになったよ。結城さん。」
と客席に沿うように座っているメイプルにまずは一言。
「よしじゃあ結城!客席をバックに一枚・・・みんなバーンって盛り上がってね!」
と写真を撮り始めるここもフリーダム・・・TOMOくんもいそいそとやってきて
「俺はSHOXXのカメラマンかぁ!SHOXXによくこんなん写っとるやんけ!」
最終的には全員入ってスタッフさんに写真を撮ってもらう始末。
「ド平日なのにね、今日はありがとう。今日は楽しい空間を思い出せたし高田馬場AREAっていう場所は俺たちにとってすげー思い入れの深い場所だからまたここでエルドラードのメンバーがエルドラードの曲を出来るっていうことが・・・時代が巡るっていうのも不思議な物だと思うんで・・・そんな感じで今日はありがとうございました!」

最後はメイプル!
「エルドラードってバンドは5年くらいやってきてすげー気に入っているのがライブをすると来てくれた人たちも俺たちもすごい元気になれるとこ。良いエネルギーを交換しあって。
俺らなんか弱者だからすぐへこんだりするんだけど、とっても良いエネルギーをもらえて素晴らしいバンドだなって俺は思います。
今日もまた明日への活力になっていく良いライブが出来たなと思います。これももちろんメンバーがいてそれを支えて来てくれたファンの人たちとか関係者の人たちのおかげだなと思います。本当にどうもありがとうございます。今日の最後に思いっきり素晴らしいエネルギーを交換しあってラストエルドラードこの曲で締めたいと思います。」

そんなこんなで最後は安定の砂の王国。
一時期敢えてやらない時期とかもあったけれど、やっぱりエルドと言ったら砂だね・・・。

というわけでMCがグッダグダにも程があったんだけれど、良いライブでした。
自由なバンド、エルドラード。

1.DAYDREAM
2. 天使の落日
3. 黙示録
4. 天国へのパスポート
5. マキャベリズム
6. HEAVEN
7. Round Trip
8. MISERY
9. 腐海
10. 自由への疾走
11. カジノスター
12. ウォータームーン
13. EGOIST
..
EN 1.チェインギャング
2. ノスタルジア
3. 弟切葬
..
4. 新世界
5. 砂の王国
お肉様blog

スポンサーサイト

テーマ:ヴィジュアル - ジャンル:音楽

2008.07.09 | | トラックバック(0) | Live

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。